So-net無料ブログ作成

海上の道 [ツーリング]

先週の休みは所用があったものの、今週はフリーなのでどちらかにと画策。

5月19日に降った雨は夜には止み、20日はいいお天気になるようだ。

しかしながら、月曜日
予想以上の仕事に追いまくられ、深夜の帰宅。
朝も早く起きる自信がなかったので、あっさりお出かけの計画を水曜日に変更。

 

今日の目的は西

とある時間に間に合わせるために最短ルートを策定
昼間はクルマが多いルートだが、この時間なら、と踏んで

DSCN0680.2.jpg

今年、西鉄、JRのアンダーパス1kmを残してだが、大部分が通じた『外環状道路』
まだ40km/h制限はネックだし、片側一車線のなかで野芥あたりは流れが悪かったりするのだが
ほぼ直線的に東西に抜けられるのは、場合によっては利用価値大。

野芥を過ぎて市道を抜け、県558(内野次郎丸弥生線)へスイッチ
さらに県49(大野城二丈線)へつないで、目指すは日向(ひなた)峠

DSCN0682.2.jpg

ここから走っている車の後ろについてノンストップ。
急いでいるとはいえ単独で飛ばしたくないのは、単に小心者だから(^^;

と思っていたら、前原市に入ったところで、対向に定置レーダー発見!!

こんな道だからね~

無事に二丈浜玉有料へ、料金所も素直に通過

DSCN0685.2.jpg

ここで時間を確認、早いヤツに間に合うかも?
ということで、ココから写真がなくてゴメンナサイ。

ルートは二丈浜玉~唐津BP~R204、長松大橋をLeft turn
で、ここでも何度か登場の県33(唐津肥前線)を登坂
そして竹古場を過ぎて、ぐるっと回ってきたR204へRight turn

時計をチラ見しつつ、先を急ぐ。
このあたりは『teru』さんの地元近く、また『テトラ』さんは毎週走っているあたり??

古保志気の交差点で、右に折れるR204と別れを告げ、直進。県217(星賀港線)へ入る
旧肥前町の半島を西へ進み、遠くの海が近くなると、目的地はすぐそこ

 

DSCN0688.2.jpg

間に合った!
(有)松尾汽船、第八だいあん(丸?)である。総トン数170t、広島は因島の「石田造船」建造。

実は当初、この一本後の便かな?と思っていたのだが、ノンストップの甲斐有り。
この後の行程に余裕を持たせたのは、言うまでもない

キップ売り場はココ
DSCN0686.2.jpg

その名も「食堂フェリー」
食堂のおば・・・・いやおねえさんに(^^;チケットを求めるとテーブルの上に数種類並べてある

「800円です」・・・???? あれ?600円では??

思い込みだったのだが、乗員分は別会計だった。

島に向けてわたる朝一の便は、乗船も少なく、程なく出向

DSCN0690.2.jpg

星賀港を後にする
DSCN0692.2.jpg
本日はこのフェリーに乗るのが目的、R6は初の船旅。   といっても10分だけどね。

そしてナゼそれが目的だったかというと、コレ

DSCN0697.2.jpg

『鷹島肥前大橋』が平成20年度に完成という事業予定を読んだ からである

つくられているのは少し前から知ってはいたのだが
ま さかそんなに早く完成とは思っていなかったので、早めのに訪問を、と思い本日に至った
大橋完成後は、各地の渡船と同じように、この船便は存続の危機に立たされるかもしれない。

実に立派な斜張橋である

DSCN0698.2.jpg

日比水道の潮風に当たりながら、鷹島大橋を眺めていると、島が近づいてきた

DSCN0708.2.jpg

もっとも、船で10分の距離、星賀の港からも見えている景色ではある

左手には水揚げ場かな?

DSCN0712.2.jpg

車両甲板はこんな感じ

DSCN0711.2.jpg

あっさりと日比港上陸の後、 止まろうかと思ったが
対向側に乗船待ちの車が並んでいて留まり損ねた

“まぁいいか、帰りもココから乗ることだし・・・”
船から見えた景色の通り、丘陵地 にある県158(鷹島線)目指して登っていく
DSCN0714.2.jpg
ぶつかってRight turn
まずは北上

この『鷹島』約17k㎡の中に約3000人が住んでいるそうだが
「元寇(文永の役)」のときに島民が全滅という歴史を持った島なのである。

途中、眼下に鷹島汽船の港、阿翁浦免をみながら進み

DSCN0715.2.jpg

到着
DSCN0716.2.jpg

『モンゴル村』

詳しくはリンク先を見ていただくとして、草原が気持ちいい場所であった。

パオが並ぶゲル村

DSCN0719.2.jpg
対州馬

DSCN0720.2.jpg

土俵?

DSCN0725.2.jpg

中木の向こうに海が広がる、元軍はこっちからやってきたのか?

DSCN0726.2.jpg

来た道を戻り、途中あった看板を頼りにLeft turn

多少登って『宮地嶽史跡公園』
今しがたのモンゴル村を望む

DSCN0737.2.jpg

展望が気持ちいい、メインはこれ
DSCN0749.2.jpg
元寇記念の碑

裏面に文字が彫られているのだが、読めない。 でも親切に横に新しい碑がある

DSCN0751.2.jpg

この公園、おじさんが一人清掃してあった
町の職員の方かもしれなかったが、あまりにも黙々と仕事をしてあったので声はかけず。

リスタートの後、先ほどとは違う方向に進んで県158(鷹島線)に復帰
今度は南を目指す
途中、眼下に松浦市(ここも市町村合併後松浦市なんだが)今福行きのフェリーが出る殿之浦

DSCN0759.2.jpg

向こうに見えているのは 『春を感じる』で走った福島の初崎か?
とりあえず島を縦断するつもりでさらに南西に下る、県158(鷹島線)が高度を下げだすと

DSCN0762.2.jpg

松浦の火力発電所が見えた。

行き着いた先も港、船唐津(ふなとうづ)免

DSCN0763.2.jpg

ここもフェリーの発着所のはずなんだが、それらしい場所がわからず・・・
帰りのフェリーの時間が気になりだし、Uターン

今度は西側の町道をChice
海を見ながらRide

DSCN0764.2.jpg

向こうに黒島を見たり、長閑な風景を楽しみ

DSCN0765.2.jpg

またもや県158(鷹島線)に合流、日比港への分岐点へむかう、ココはこんな快適路

DSCN0766.2.jpg

約2時間の鷹島初踏みは終了、日比港に到着。

DSCN0775.2.jpg


“え?歴史民俗資料館は?もったいない!!”と思う方もあるかもしれないが
ふふふ、大橋が開通して再訪を予定、楽しみをとっておくのさ(笑)

この港の横にダム

DSCN0769.2.jpg

実はこれ、入江をせきとめて出来た日本初の淡水湖ダム

DSCN0768.2.jpg

乗船予定の船がやってきた

DSCN0771.2.jpg

さて、チケットを購入しようと売り場へ

DSCN0781.2.jpg

“あれ??窓口がしまってる???こんなに乗船待ちが並んでるのに・・・”

よく見ると 「乗船20分前から販売します」って・・・・(^^;

そうしていると、近所のおば・・・・いやおねーさんが登場(またかい!)
無事チケット購入、フェリーも接岸。

DSCN0779.2.jpg

さらば鷹島、また来る、うん。

DSCN0776.2.jpg

程なく乗船、そして出航。海から見た鷹島ダム

DSCN0784.2.jpg

港のすぐ脇にある、なんとも不思議な光景

離れていく

DSCN0799.2.jpg

そして、やっぱり見るのは

DSCN0803.2.jpg

今年度中って、ホントに?????

日比水道

DSCN0795.2.jpg

ずっと先に壱岐があるはずの海
星賀港もあっという間

DSCN0811.2.jpg

星賀港から、もと来た道をトレースしながら、今度はゆっくり観察

DSCN0818.2.jpg

この橋ができれば、島の人たちもかなり便利になるし、訪れる人も倍増するんだろう
しかしながら、なんとなく違和感もある。
鷹島は“長崎県松浦市” で橋でつながるのは“佐賀県唐津市肥前町”
まぁ、距離的な問題とはいえ、こないだの福島と同じように
隣の県のほうに橋がかかるのは果たしてどうなのか・・・・

まぁ、Bikerにとっては、いいツーリング先になるかも?

主塔

DSCN0824.2.jpg

行きがけに撮り損ねた、鷹島が見え出す風景

DSCN0832.2.jpg

ココにいたる県217(星賀港線)も整備されて、快適な道

DSCN0821.2.jpg

戻りながら、余裕のできた時間の使い方(ルート)を考える・・・・

   (『沈みゆく道 3』に続きます)

 


nice!(7)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

nice! 7

コメント 20

禄太郎

原付を購入して、フェリーで近場の島巡りやー、とまず
思い浮かべたのが「鷹島」でした。地図やネットでいろいろ
予習を始めたのですが、そこで初めて橋がかかることを知り
ました。
で、結論は「橋ができてからでいっか」でした。でも、この
フェリーに乗って、建設中の橋を見るってのもいいなーって
思いました。
by 禄太郎 (2008-05-23 08:05) 

teru

おおー!!
バリバリ僕の地元ですよ~(^^
フェリーで鷹島上陸ですね!!
近すぎて完全に盲点でした(^^;
僕は橋が出来てから行ってみます(^^

実は僕もフェリーを使ったツーリング考えてるんです(^^
行先は、ズバリ!壱岐です!!
フェリー代がちょっと高いですが、唐津港から出てるんで1時間30分くらいでつくみたいなんで計画中です(^^

続き楽しみにしてます!!(^^

by teru (2008-05-23 13:59) 

coyote

短くても船旅っていいですよね~^^
桜島フェリーも15分位ですが旅情を感じます(笑)
続きも楽しみです!!
by coyote (2008-05-23 16:51) 

タダシ

ついに海外遠征を果たしたR6号。
次なる遠征地はどちらでしょう?
(たまには本州遠征企画してみない?)
by タダシ (2008-05-23 21:41) 

テトラ

R204、まさに毎週のように走ってる道ですが
県道217号の方には一度も行った事がないんです。
こんな橋が造られてたなんて、全く知りませんでした。
これは、完成したら是非走ってみなければ!(^^)
鷹島線もなかなか良さそうな道だし
元寇の歴史にも興味があります。参考になりました!
by テトラ (2008-05-23 23:51) 

hoshizou

へえ~
橋って、こうやって作られるんだ。
九州は島が多くて、それらをつなぐ橋が巨大で、きれいで大好きでした。
ここも行きたいな~ このあたりは充実したウロウロができる場所ですね。
by hoshizou (2008-05-24 06:42) 

T2

☆禄太郎さん こんばんわ!

なかなかフェリー良かったですよ。
申し込み、問い合わせ先が「自宅」となっているので
個人経営かもしれません。
鷹島は、DINK号にぴったりではないでしょうか?
by T2 (2008-05-25 00:10) 

T2

☆teruさん こんばんわ!

近すぎると、なかなか向きませんよね(笑
壱岐は良いんじゃないですか? 
そうか唐津からだと、そんな時間でいけるんですね?
期待してます(^o^)
by T2 (2008-05-25 00:12) 

T2

☆coyoteさん こんばんわ!

桜島フェリーはクルマか人だけでしか乗ったことないんですが
それこそ響さんがつい先ごろ、でしたね。
鹿児島港から行くと、桜島が近づいていくのがワクワクしたのを
覚えています。

by T2 (2008-05-25 00:24) 

T2

☆タダシさん こんばんわ!

本州を踏むまでに90kmもあるのが・・・・(^^;
東に行けば九重までいけちゃうしね
まぁ、そのうち踏みます。
by T2 (2008-05-25 00:25) 

T2

☆テトラさん、こんばんわ!

県217は短いですが、なかなか気持ちのいい道でした
大橋ができたら、ドライブやらツーリング
かなり増えるでしょうね~
元寇の歴史は、僕も最近知ったんです
鷹島、なかなかいい島でした。
by T2 (2008-05-25 00:30) 

T2

☆hosizouさん こんばんわ!

あのあたりは、hosizouさんの好きな風力発電もいっぱいでしたしね
ウロウロが楽しい場所ですね。
橋やトンネルは両方から造っていって、よく真ん中で合致するものだと
いつも感心します。 すごいですよね~土木技術って。
by T2 (2008-05-25 00:35) 

響

いつかMTBで行ってやろうと思っていましたが
なんと橋が繋がるのですか?
タダだといいなー(笑)
by (2008-05-25 15:30) 

エスねら!

大丈夫なんだろうけど作りかけの先っちょ怖そ~う
しかし支柱も高いんだろうけどそれを組むクレーンの高いこと…
高層建築みたいに上に乗ってるんじゃなくって
下から生えてるし…信じられない。。。
by エスねら! (2008-05-25 20:37) 

T2

☆響さん こんばんわ!

タダだとうれしいですけど、さすがに無理でしょうかね~?
長崎の有料道路ってリーズナブルなところが多いですから
期待してるんですけどね(^^)
by T2 (2008-05-25 21:40) 

T2

☆ エスねら!さん こんばんわ!

高層建築の技術が生かされてるのでしょう、すごいですよね。
しかも、あの高いところの安全ネット(防護の網)は
とび職の方たちが張ったんだとおもうんですが
それを想像するだけで、ブルブルと・・・(^^;
by T2 (2008-05-25 21:44) 

まえだこうすけ

すげーーー

by まえだこうすけ (2008-06-24 14:14) 

まえだこうすけ

橋、もうすぐでできるたい。みてみたか
by まえだこうすけ (2008-06-24 14:17) 

やまさきこうだい

うざかっさ
、「
by やまさきこうだい (2008-06-24 14:21) 

まえだこうすけ

こうすけでーす

by まえだこうすけ (2008-06-24 14:26) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

   にほんブログ村 バイクブログへ