So-net無料ブログ作成

大型二輪免許取得日記 その6 [大型二輪免許]

2006.11.1

天気快晴、8時に試験場に着いて申請書作成。
本日は2コース
前回一緒に初めての試験だったNクンと一緒になる
先週と同じなので、淡々と作業

申し込み終わって定例のコース歩き
前回受けたとき思ったけど、歩いてると結構距離を感じる
乗るとあっという間のギャップを認識
時間があったので、大型受験者は最後の外周を走らされる

 


今日は仮免の試験者3人が終わってから二輪
との説明があり 待合室(2F)でしばし談笑
本日は普通二輪男の子2人女の子1人
大型は野郎5人(午前中)で普通二輪から試験開始。 
N君はトップバッターだったが、残念ながら途中で帰ってくる
大型では3番目の受験になりました

 

試験はどんどん進み、残念ながら普通二輪受験者は全滅…・ 
しかし、上から見てると他人のミスがよく見える
走ってるとそれどころじゃないんだけど・・・

大型1番目のコは順調に行ってたのに
クランクに入るところで急制動ロック
残念ながら戻された、どうもコースミスに慌てたようです
試験場担当おやっさんから「今日も全滅か~」と不吉なお言葉
“ココにきて妙なプレッシャーかけないで~”

1番目のコが上がってきたのを交代で降りていく 
2番目のコは見てません(そんな余裕はない)が どうも途中で返されたようです
で、いよいよ順番。プラットフォーム正面は、四輪受験者の待合室なんですけど 
彼らと目をあわさないように(余計に緊張するから)まずは慣らし。 
採点されないとはいえ、基本どおりの乗り込み
半クラの具合とニーグリップ確認しながらプラットフォーム一周
前回と同じ車両だったけど、少し乗りやすい感じ?
 適度に暖まっているおかげか?? 
キーのタグがかぶってないのも確認(笑)して、一回降車。

“準備が出来て、信号が青になったら発進してください”
 で、もう一回乗り込みを繰り返し発進 ニーグリップ確認
コースに出て左回りで一本橋
“はとぽっぽ”口ずさんでコースにでて信号停止、直進車線変更
ここで左方外周路からくる試験車(四輪)を確認して停止
(; °_°)   あぶないあぶない、やりすごして右折

車線変更して踏み切り、一旦停止。
ここでまた左後ろ(坂道)から降りてくる車を発見!
今日も絶好調に引き寄せてるなぁ(笑)
やり過ごして右折、信号で止まって左折
スラローム~ぐるっとまわって波状路。先週の反省を生かし
少し大廻に左後ろ確認しながら右折、急制動コースへ。

40kmを意識して、2速で思いっきり加速、3速にギヤチェンジ
パイロンを前輪が通過と同時にブレーキ!!

が、が、しかしスピードが出すぎていたらしく後輪フルロック!! (@ ̄□ ̄@;)!!

まずいと思ったけど
もうどうしようもなくブレーキは握り締めたまま。
で、バックミラーに映る、地面付近から立ち上る白い煙・・・

なんですかあれは??
不完全燃焼の煙??

いやいやそんな訳は無いです、わかってます……・・orz 10点減点です

でも、「はい戻って」って言われなかったので
“まだ点数あるらしい?それとも見逃してくれた??
なんて半信半疑のまま
確認、発進、車線変更、S字
“こうなりゃ行けるトコまで”と見通しの悪い交差点は足着いて
車線変更、クランク
クランク出口左折をがんばって小回りして、坂道発進
坂道降りて外周左まわりで障害物確認

ここではるか前方に待機場所から出てくる四輪発見!
またもや引き当てるオレ! まだ遠いんだけど行くべき???

なんて、ヘンな考えを何とか押しとどめて
障害物に近づいていたけど停止、3台やりすごす。 
で越えて35km指示で外周回って
優先道路を速度落として横切って
見通しが悪くなってる外周への出口の徐行でまた足着いて
先週逆行で落とされたのを見たので
ぎりぎりまで白線に沿って
プラットフォームに無事帰還。

手順忘れずエンジン切って降車。ちょっと、ひざが震えてました

なんせ大きな減点をしたから半信半疑で上がって行き
試験官室に入りました

試験官「どうでした?」

T2「いやぁ緊張しました、急制動でロックしてしまって…」

「そうですね、安全確認は良かったですよ。 

ま、年齢も年齢だから無茶はされないでしょう、合格です」

「え??、  あ、ありがとうございます!   (ToT)  」
「安全に心がけて運転してください」という優しい言葉をもらって、試験官室を後にする。

おやっさんから
「危なっかしいなぁ~、よく合格させてもらったよ。
1番目のコのほうがよっぽどウマい。障害物のところなんか
いつ停止するかとヒヤヒヤしたぞ」
と暖かい(?)言葉をかけてもらって、待機所で待つ

ちょっとにやけ気味

最後のコも完走、合格とのこと、二人で握手。
“合格者は待合所でしばらく待っててください”とのことで待機


おやっさんから二輪講習を受けなきゃならんから
どこかの自校に電話して予約して受けて
合格証を持ってもう一回ココ」言われ
“あれ?そんなんあったけ?なんだ、今日はもらえないんだ”
と少々がっかりして待機。

11時半ごろ呼ばれて、なんと写真撮影。
あれ、これはひょっとして今日もらえるのか???
ちょっと期待。、あと12時45分にまた集まってくださいとのこと。
もう一人の合格者(Sくん)と話していると
なんと同じ高校出身とのこと(10歳下)
高校の話で雑談しばし。
お昼休みが終わって、呼ばれた窓口に行くと
“証紙を買ってきてください”といわれ高まる期待。
あわててS君と証紙購入、ふたたび窓口にもどって
「はい免許証と印鑑だして」

      キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!?

「確認してください」と言われて“大自二”の文字確認。 
無事もらえたー!!!   \(*T▽T*)/

“機会があればどこかで”とS君と別れて、教習所へ向かう

ちょうどお昼休みで、教官室を訪ねて報告
「よかったですね~」と握手。
ちょうどおやっさんも帰って居て 「ヒヤヒヤしたぞ」と再びのお言葉

「何買うんですか?」
「いや、まだまだ当面買えないです・・」
「買ったら見せにきてください」なんて会話しながら
担当教官に再びお礼を言って帰ろうとすると、
「誰かいたら是非紹介してください」と声かけられる。 

もう一度「ありがとうございました」といって、 教習所を後にしました。

約1ヶ月半の戦いが終わりました

昔と違って、鬼教官も、鬼試験官もいない
ほのぼのした取得日記だったと思います。


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

nice! 1

コメント 1

T2

☆ピンさん、こんにちわ!

気づくの遅くなりました
〝nice” ありがとうございます!
by T2 (2017-10-17 11:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

   にほんブログ村 バイクブログへ