So-net無料ブログ作成

桜の道 2011 [ツーリング]

肩慣らし的 『前回ツー』から一週間

市街地のさくらは満喫したあと散って行ったので
一度は見に行こうと思っていた桜を目的に
Eg Start


『話題』にした、 県31(福岡筑紫野)~県77
IMG_2892.2.jpg

R386ルートで日田に入ったら、いつもの、スカイファアームロード日田
IMG_2893.2.jpg

フラワーパークあまがせを越えた、北側斜面の
亀石峠に向かって登って行く道は、落石が点々・・・
IMG_2894.2.jpg

このあたりは、よく落石を見かけるので、通られる方は気をつけて

IMG_2895.2.jpg
本日の亀石峠


水口牧場の牛さん
IMG_2896.2.jpg
生まれた子牛?

R387では、気温が6℃ 
同じヒトけたでも、寒くなく感じるのは、やはり春のなせるワザ?

ファームロードわいたへスイッチ
ここも、毎年警告看板が増えている

いくつかある橋の前後など、バンピーな路面に“ヒヤっ”ッとしたりするし
事故のことも、ちらほら耳に入ってくるので
くれぐれも、気をつけて通ることを心がけよう・・
IMG_2904.2.jpg

瀬の本手前から、野焼きの跡の向こうに阿蘇が見え出す
IMG_2910.2.jpg

いつもの小休止、青空がうれしい
IMG_2914.2.jpg

リスタートしたら、県11(別府一の宮線)を往って、ひさびさ県40(南小国波野線)へ
IMG_2916.2.jpg

うぶやま牧場を越えて、R57を横切り
IMG_2922.2.jpg

広域基幹林道阿蘇東部線へ
IMG_2923.2.jpg


さて、今日は、『送別の道 2』のルートの、レポの為のおさらいでもあるのだが
ちょっと時間がありそうなので、しばらくまっすぐ

時々現れる、“止まれ”や“進入車両”に余裕を持って対応できる態勢で
阿蘇望橋
DSC_3491.2.jpg
を越えて、目印がない交差路をLeft turn
IMG_2925.2.jpg


こんな感じで
IMG_2928.2.jpg

迷走しながら(県41とか県135とか・・・・)
IMG_2943.2.jpg

阿蘇東部林道に復帰
前回、うぶやま側から来て、右折で入った交点までもどった

たどるべく、入り込み
道はまっすぐだが、左折れしたり
IMG_2952.2.jpg

遠くに見える根子岳を目指して
DSC_3502.2.jpg

このあたりも、野焼きが
IMG_2953.2.jpg

こんなところを、左折、県214(小池野永谷線)に入ってIMG_2957.2.jpg

IMG_2958.2.jpg

近づいてくる、根子岳
IMG_2959.2.jpg
道はR265にぶつかる
IMG_2960.2.jpg

そして、根子岳はすぐ
DSC_3505.2.jpg

高森方面目指して
IMG_2963.2.jpg

月廻り温泉の隣は公園になっていて、阿蘇がこんな感じなので
DSC_3510.2.jpg
休憩にもいいかも?

ここもきれいだね~
DSC_3518.2.jpg

ここが「らくだ山」(地鶏の店)入口
IMG_2964.2.jpg

高森の交差点で、R265につきあたり、左折
高森町村山の交差点を右折、高森の街中を抜けて、ここへ

この時期、高森の峠へむかって一方通行となる
桜並木の通り抜け
DSC_3536.2.jpg

平日でも、花見は盛ん

満開はやや過ぎていたのかもしれないが
それでも、見事な並木である
DSC_3540.2.jpg

DSC_3549.2.jpg

R265に復帰した後は、元に戻ってR325へつなぐ
茶色いローソンの交差点で、県39(矢部阿蘇公園線)へスイッチの左折
R325の旧道交差点で、右折 ほどなく見えてきた
IMG_2971.2.jpg


超有名だが、はじめてきた「一心行のさくら」
DSC_3550.2.jpg

さすがに見事。

数年前の台風で主幹が折れたのも有名な話だが
その前に来たことがなかったのは、残念としか言いようがない・・
DSC_3573.2.jpg
ここも、平日にもかかわらず振り返ると・・・
DSC_3582.2.jpg

テント屋台なんかも出て
古木と静かに対峙する、なんて状態とは縁遠いのは仕方がないことか
DSC_3575.2.jpg

DSC_3579.2.jpg


リスタートして、旧道を西へ
ちょいと入り込んで
IMG_2972.2.jpg

ここ、南阿蘇鉄道高森線「南阿蘇水の生まれる里白水高原駅」
IMG_2973.2.jpg

なんでも、日本一長い名前の駅だそうだが
無理やりというのは、どうかと思うゾ

のどかな風景を見ながら、ちょっと鉄ちゃん
DSC_3597.2.jpg

ついでに、もう一か所

阿蘇下城駅
IMG_2978.2.jpg

駅の横に、縁結びの石
IMG_2974.2.jpg
「石の両側にあいた穴の中で、固く手を結ぶと、その二人は必ず結ばれる」
という、デートスポットにはいいかもしれない

ただ、駅の外観は・・・・・
IMG_2976.2.jpg

この駅の特徴は、温泉施設併設、止まっている間も、地元のおじいいちゃんが
“いつもどおり”といった風情で入って行かれた

後輩たちとのツーやスキーで、よく温泉に寄ったりしているが
“カラスの行水”派なので、決していつも温泉が付いてくるわけではないことを
ここでお断りしておいて、リスタート

県149(河陰阿蘇線)へ右折
IMG_2979.2.jpg

前回は素直に、R325からR57をたどったが
ソロの気ままさで、そのまま県149を山側へ
IMG_2988.2.jpg

右手に阿蘇を見上げたりしながら、県299(草千里浜栃木線)との交点でちょっとSTOP
IMG_2989.2.jpg
“そういえば、この阿蘇側は行ったことないなぁ” って思って右折

地図上では確認できていた、この道のつきあたりは、県298(阿蘇公園下野線)
IMG_2991.2.jpg

右手に、モクレン?コブシ?
DSC_3607.2.jpg
阿蘇山をバックに、いい感じ

Left turnして、下りに転じた道は、阿蘇ファームランドの横なんかを通りながら
R57との交差点へ、水分補給STOP
ここでマップる

後輩たちとのツーは、この先から左折まっすぐ県23(菊池赤水線)を登って行ったのだが
その前も通ったので、違うルートへ

すこし、R57を往ったところ、赤水の交差点でななめへ入り込み
この道は、ぐるっと回ってきた県149(河陰阿蘇線)
IMG_2992.2.jpg
このあたりかなぁ~??  目印は「尾ヶ石東部小」(ちょっとわかり難いけど)

目立たない交差路はここ
IMG_2994.2.jpg
を左に回り込んで、Hill Climb

下から見上げる、外輪山
野焼きの後の時期、黒々とした岩肌が
さわやかな阿蘇とは、全く違った印象を与えてくれる
IMG_3000.2.jpg
途中にある、長寿ヶ丘公園も 高森に負けないぐらい見事だったが

DSC_3609.2.jpg

この道、結構な落石も見かけたので、通られる方は気をつけて


IMG_3005.2.jpg
この写真の男性、走ってあった
もしかして、下の 公園から走ってきた? すごいなぁ・・・

で、到着のここ
DSC_3616.2.jpg
下から上がってきても、止める場所に気を使うのは同じこと
ただ、Uターンはないけどね
DSC_3618.2.jpg
キスミレのアップ写真もチャレンジしたけど、失敗したのでアップはなし、ごめんなさい

さて、時刻は15時ながら、夕暮れが近い雰囲気
県339(北外輪山大津線)を通る車も、ぐっと減ってきた(と思う)

本日の、仕上げ 県23へ向かって高原の道をたどる
IMG_3009.2.jpg

二重の峠で、Right turn
IMG_3010.2.jpg

さて、ここから前回レポを端折った県23(菊池赤水線)

以前、菊池林道アプローチの為通ったこともあるので、今回で3回目
IMG_3011.2.jpg

なかなかいい道で
二重ノ峠側から行くと、1.5車線の舗装林道的道がしばらく続き
真木からは、集落がちらほら
IMG_3015.2.jpg

確証はないが、通過する集落の雰囲気が、旧街道をおもわせる
結構集落の中は、一車線程度の道になったりするので
スローペースでの通過

IMG_3019.2.jpg
そのほかは、のどかな郊外路なので、実に快適


た・だ・し・


いくつか間違いそうな分岐や、突然雰囲気が変わって
“え? 間違った??” なんて思わせる迷路的道でもあるので
IMG_3024.2.jpg
たどられる方は、しっかり地図とニラメッコが必要だと思う

旭志(きょくし)中学の南側をまわりこんで、県329(原植木線)との交点

珍しくなった、半鐘のある火の見櫓
IMG_3025.2.jpg

今回の震災で、岩手県大槌町の消防団員の方が
津波に飲みこまれるまで、半鐘を鳴らし続けた、という話を聞いた直後だったので
思わず、見上げた。

県329(原植木線)とは、すぐにわかれて、いよいよ菊池に近づく
IMG_3026.2.jpg
前回は、ここからR325を菊水ICにむかったが
今日は、市街地を抜けよく通る県18(菊池鹿北線)へ

このころ、予定より時間が廻っていたので
阿蘇でのんびりしすぎたのを、ちょっと反省・・・(^^;

菊鹿温泉入口から、あんずの丘へ向け県18(菊池鹿北線)を離脱
小高い丘を登ったり降りたりして、ぐるっと回ってくる県18をショートカット
IMG_3029.2.jpg
ちょっとだけ県9(日田鹿北線)にのっかったら、県18との分岐はすぐ

『たいようさん』が自転車で越えた、荒平峠も通行車両の先導で越えて
鹿北町岩野にて、R3に合流

ここまでは、まぁ順調(予定よりはずいぶん遅い時間になったが・・)

で、R3

夕方のヒト桁国道は、実に大型車両が多い、ということを
つくづく思いしらされた・・

クラッチを握る左手首の痛みに我慢しきれず、休憩

県境はまたぐものの
直線で3kmぐらいのところに、道の駅が二つ存在するこの地区
止まったのは、福岡県側の「道の駅たちばな」
IMG_3031.2.jpg
水分補給しながら、車列の流れを見ていたが
そうそう流れも良くなる見込みもなく、リスタート

八女の市街を抜けるのも、ひたすら我慢

這々の体で広川ICに逃げ込んで、ハイパードライブ開始
ただ、鳥栖JCTからは、夕方のラッシュに巻き込まれ
降りてからも同じ状況が続いたのには、結構まいった

鹿北ルートは、早朝下りに限る、というのが結論

このあと、体調を再び崩したりして(遊びすぎ?)
レポアップが遅くなったのは、ちょっと想定外(^^; の386kmだった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

   にほんブログ村 バイクブログへ