So-net無料ブログ作成
検索選択

大型二輪免許取得日記 プロローグ [大型二輪免許]

結婚する前から遠ざかっていた二輪(バイク)

3年ほど前から
会社の後輩たちとのツーリングの機会ができて
また、ちょっとバイクを借りれる環境にあったことから
再び、「やっぱりおもしろいな~」と思うようになり
復活ライダーとしての生活が始まりました。

 


もともと、ドライブ(道の探索)が好きだったのですけど
四輪は結婚後、自分の車→家族(嫁さん)の車
という順路をたどっていて
自分のきままな趣味を満たす道具が手近に無くなっていたことと
仕事の業務が変わって
わりあい、休みをきちんと取れるようになったこと
長女が幼稚園に入り
午前中だけでも自由な時間が取れるようになったことも拍車をかけました。

 

昔乗っていたころの限定解除
今でいう大型二輪の免許は
試験場で受験するしかなく、しかも合格率ヒトけたという 大変難しい免許でした。

しかし外圧のおかげで公認教習所で取得できるようになり
その数が飛躍的に増え、最近では阿蘇や九重などに行くと
大型のバイクばかりになっているという現状があります

昔は“限定解除”をする根性が無く
いわゆる「普通二輪」しか持っていなかったのですが
大きなバイクが買えるかどうかは別にして
   (取ったら欲しくなるのは必至だけど)
1年程前から 「やっぱり大型取ろうかな~」という気持ちになってました。

で、情報収集。

公認の教習所はやっぱり10万程度かかるようだし
さすがに家計からの援助は期待できないので
少しずつ貯金してましたが
なにかと他の物欲も多く、目標になかなか届かないまま 1年が過ぎていました。

“うーん 覚悟を決めて一発かな~”
一発とは、運転免許試験場で試験を受けることです。
で、またまた情報収集、こんなときネットは大変便利。

「一発必勝 大型二輪免許必勝合格」というサイトがあり、
それを見ると 昔ほど試験自体も厳しくはないようです。 
試験官も多少やさしくなっているとの言葉に勇気をもらって
とりあえず、試験場に下見に出かけました。

2006.9.19

試験は朝からあり
また駐車場がすぐいっぱいになるので 早めに偵察へ。
1階の奥に待合所と出入り口があり
その外に試験車が並んでます
仮免やら本免やら二種やら特殊やら結構な人数が待機してます。

二輪の受験者は2階に待合室がありました

で、専用の階段を下りていって 試験車に乗るようです。

見ていると、まず普通二輪、続いて大型二輪でした。

“あれがスラローム、あれが波状路・・”
“事前審査用の車両が見当たらないな~、少し前まであったはずなのに”

などとあちこち見ながら、ちょっと雰囲気をかじったところで
試験場を後にして、昔から知っている未公認の教習所へ向かいました。

「未公認」というのは、"実技試験を試験場で受けるための練習所”みたいなモノです。
「公認」の場合は教習所の卒験に受かり
あとはその終了証を持って試験場に行けば免許をもらえるのですが
「未公認(非公認)」ですから、試験場で技能試験に合格しないと
免許はもらえない教習所です。

昔から知っているとはいえ、入るのは初めてで
最近の教習所のように「いらっしゃいませ!」という雰囲気も無く
ちょっとびくびくしながら、話を聞きましたが
一応、前もってネットで調べていたコースがお得そうなので それで申し込みしました。
3ヶ月以内ならば一定料金というコースです。
「教習申し込みしていかれますか?」とやさしく聞かれたけど
ちょっと予定がわからなかったので、その場では予約せず 帰って
その夜ネットで第一回目の教習申し込みをしました


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

nice! 3

コメント 2

T2

☆ひろろんさん nice!ありがとうございます!

by T2 (2010-10-28 23:03) 

T2

☆tonojinさん nice! ありがとうございます!
by T2 (2013-02-06 21:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
   にほんブログ村 バイクブログへ